WiMAXでモバイル生活を充実させる


モバイルインターネットは2000年前後から存在していました。当時は携帯情報端末機(PDA)とPHSによるカード型通信端末を繋げることで実現していました。近年では、この方法が進化し発展した形でスマートフォンが登場しました。スマートフォンには携帯電話回線が使えるようにモジュールが組み込まれていますが、これと併せて携帯電話番号や利用者番号などのデータが入っているSIMカードを装着してモバイルインターネットが出来るようになっています。スマートフォンはデザリングと呼ばれるスマートフォンをWi-Fiルーターとして使うことが出来る仕組みを持っている機種がありますが、この機能を使ってパソコンなどの外部機器のインターネット回線として携帯電話回線を利用すると、通信利用料が高くなる場合があります。 そのような中で、WiMAXは無線LANの技術を応用した形でモバイルインターネット回線の一つとして現在幅広い人々に利用されています。 WiMAXのメリットは、携帯電話回線の定額プランよりも安い利用料が設定されており、光回線などのように工事が不要な点です。これは転勤などが多い人や一人暮らしの人には便利な仕組みです。また、速度はADSL並の速度を実現しているので、動画を観ることも可能です。 WiMAXのデメリットは、都市部を除くと基地局の数が足りないことです。障害物があると速度低下の原因にもなります。しかし、環境さえ整っていれば、固定回線や他のモバイル回線に比べて現実的な物であり、容量による速度制限が設定されていないことも魅力です。